保護者会活動指針 2005年2月決定
貝塚シニア・リトルリーグ野球協会(以下協会という)はシニアの部、リトルの部夫々に保護者会を設け、次のように活動する。
  1. 前提
    各保護者の方々は保護者会としての活動、協力以前に、まず各家庭において善良な保護者として会員の指導、教育に努め、また協会に対する責任、義務を果たすことを前提とする。


  2. 姿勢
    各保護者はお互いに尊敬と感謝、強調の姿勢を持って、自発的に活動に参加すこと。同時に夫々の家庭により出来得る協力の内容、方法が異なることをお互いに理解すること。全ての関係者は自らが向上することにより、会員たちが向上、成長するとの認識を持つこと。

  3. 原則
    保護者会の活動は協会の基本方針、活動方針に則り行われる事を原則とする。また家庭外(グランドなどで)の協力については強制的割当を行わない。

  4. 目的
    保護者会の目的は協会の事業の円滑な推進に協力することを通じ、会員の成長と協会の発展を図ることにある。

  5. 役割
    保護者会の役割は概ね次の通りとする。
    1) 協会からの通知、通達の会員家庭への伝達
    2) 会員家庭からの協会への要望、希望事項の伝達、提言
    3) 練習、試合時における(技術指導以外の)補助
    4) 遠隔地での練習、試合での交通手段の確保や用具運搬
    5) その他協会行事への協力、参加
    6) その他必要と認められる行事の開催(但し、前以て協会の了承を得ること)

  6. 役員
    保護者会には次の各役員を置く。但し、役員構成は各部会長、事務局長と相談、合意のもとに、学年、地域、性別などを勘案し、コミュニケーションがスムーズに行われるように配慮し決定すること。
    1) 会長、 2)副会長2名以上、 3)会計、 4)幹事若干名
    副会長のうち少なくとも1名は別の学年から選ぶこと、幹事は夫々に役割分担を決めることが望ましい。
    なお、役員(全員または一部)は保護者を代表して協会役員に就任する。

  7. 会合
    保護者会は必要に応じて役員会、または全体会合を持ち諸案件を協議する。会合には必ず部会長及び/または事務局長が出席する。

  8. 会費
    保護者会費は必要最低限とする。(当面月額2000円)。なお、特別会費を集める場合はその理由とともに予め協会の了承を得ること。

  9. 使途
    会費の使途は概ね次の通りとする。
    1)試合及び遠隔地練習時の交通費(有料道路通行費、駐車料、概算燃料費)
    2)役員保護者用飲物(茶菓子は不要)
    3)その他必要と認められる行事費

  10. 決算・事業計画及び予算・決算
    役員は年度終了後速やかに収支決算を纏め協会及び全保護者に報告する。また次年度役員は当該年度の事業計画及びそれにともなう予算を協会定時総会までに提出する。

  11. 本指針の改廃は協会役員会の決議を持っておこなう。


Copyright(C) 2004 貝塚シニア・リトルリーグ野球協会 All Rights Reserved