3月3日(土) 春季大会敗者復活戦1回戦が二色グランドで行われました 

 3/3 春季大会敗者復活戦1回戦    対 和泉北シニアリーグ   球場:二色グランド
 
和泉北 0 0 0 0 0 コールド   0
貝塚 0 0 7 0 ×         7
大松澤−堀口
 
 
 

3月3日ひな祭りの土曜日、先週の負けを引きずることなくホームタウン二色グランドに和泉北シニアリーグを迎えて敗者復活戦1回戦が行われた。

貝塚先発は大松澤
初回、1死から連続ヒットを打たれ先行きに暗雲が立ち込めるのか?と思ったのもつかの間、相手4番、5番を連続三振に切り取り難なくピンチを抑える。

3回裏、貝塚攻撃でこの回先頭の9番中西がライト前ヒットを放ちまず出塁。
1番に戻って藪が絶妙の送りバントを決め、それが相手の焦りを誘発してエラーで生きる。

続く2番森もまさにビデオのように絶妙の送りバントを決め、これまた同じようにエラーを誘い無死満塁の先制のチャンスを演出する。

そして3番主将中村が意地で放った当たりが外野、内野の間にポトリと落ち、まずは1点。
4番掛川がライト前へ強烈なタイムリーで2点目。
1死後、堀口、竹川(将)と連続タイムリーで4点目。
さらに相手送球ミスで5点目をもらい、2死を取られたが打者一巡後、中西が技ありのタイムリーで6点目。
さらに藪がピッチャー強襲のタイムリーでなんとこの回7点を挙げる猛攻。

守っては先発の大松澤が2被安打、1与四球、6奪三振で全く相手を寄せ付けず、嬉しい今シーズン初勝利をなんとコールド勝ちで収めた。

この試合、長打はなかったが繋ぐ野球を見せ大量点を奪うことが出来た。
しかし、欲を言えばひとつでも前の塁を奪う意欲で走塁をしていればもっと点数が取れたはず。

相手の記録に残らないミスに助けられたところも多々あったので、次の試合にはそのあたりを修正してゲームに臨んでもらいたい。

この日は土曜日にもかかわらずいつものように数多くの応援、お手伝いの保護者の皆様の協力本当にありがとうございました。

次回は10日ですが、またいいゲームを期待してください。

 

Copyright(C) 2004-2007 貝塚シニア・リトルリーグ野球協会 All Rights Reserved