5月20日(日) 岸和田シニアリーグとオープン戦を行いました

 5/20 オープン戦  対岸和田シニアリーグ         球場:二色グランド
チーム名
岸和田 0 0 0 1 0 3 4     8
貝塚 1 3 1 0 0 1 1     7

竹川(崇)−中村

 
毛利・松本


全日本関西大会を翌週に控えた20日。

最後の調整を図る意味でも有意義なオープン戦、強豪岸和田シニアリーグを招いて各学年の3試合が行われた。

<1試合目>

貝塚先発は竹川(崇)。
先頭打者をボテボテの内野安打で出塁させ、送りバントで2塁まで進まれるが後続をきっちりしとめる無難な立ち上がり。

その裏、貝塚は先頭の毛利が四球を選んで出塁。
2死から4番竹川(将)、5番竹川(崇)が連続四球を選んで満塁とし、
その後ワイルドピッチで3塁走者毛利がホームへ帰ってまずは1点をもらう。

2回の岸和田の攻撃を三者凡退に抑えて、その裏貝塚の攻撃。

1死から8番藪が四球を選び、9番中西の送りバントが内野安打で1,2塁と走者をため、1番に戻って毛利がレフトオーバーの2点タイムリー2ベースを放つ。
尚も、2死3塁から内野ゴロエラーの間に毛利が帰り4点目をあげる。

続く3回の貝塚の攻撃でも1死から6番合田がセンター前ヒットで出塁し、7番福家もセカンド横を抜けるヒットで続き、8番藪がきっちり送りバントを決めて2死2,3塁とする。
その後、またもやワイルドピッチで1点をもらい、序盤5−0と貝塚が有利に試合を運ぶ。

4回、岸和田は無死から3番、4番連続ヒットで塁を埋め、1死から死球で満塁とする。
そして内野ゴロの間に走者が帰って1点を返す。

5−1貝塚リードで迎えた6回、岸和田の攻撃。

疲れの見え出した竹川(崇)からこの回先頭の2番が右中間を破る3ベースヒットで出塁し、1死から内野エラーで1点を返し、尚も2死から3連打を浴びせこの回3点を返す。

貝塚は6回に2死から1番毛利がライト前ヒットで出塁し、2番森が左中間を破るタイムリー3ベースを放ち1点を追加し、6−4とリードを広げる。

そして迎えた最終回。
2番、3番を簡単に打ち取り、4番強打者を浅い外野フライに打ち取りゲームセット・・・・・と、誰もが思った瞬間野球の怖さを知る。
続く5番の当たりも記録上はヒットとなり1点を返され、その後痛恨のワイルドピッチで遂に同点に追いつかれる。

その後、ストライクカウントの間違いなどで少し混乱をきたし、再開された後、大きな2ランホームランを浴びてしまい、6−8とリードされる。

貝塚はその裏粘りを見せ、2死1塁で代打松本がレフト頭上を大きく破る2ベースヒットを打ち、2死2,3塁と一打同点のチャンスを作る。
そして続く代打、行も四球を選んで満塁とし、中西も四球で押し出しの1点を返して7−8となり、廻ってきた打者はこの試合好調の1番毛利。
しかし完璧に捉えた打球は運悪く野手の正面をつきゲームセット。

結果は負けたが最後まで白熱したナイスゲーム!


 5/20 オープン戦  対岸和田シニアリーグ1年生         球場:二色グランド
チーム名
岸和田1年生 1 0 1 0 0 0 0     2
貝塚1年 0 2 0 0 0 0     3

鎌田・小坂−中川

 
 
中川


<2試合目>

好調1年生の試合は先発鎌田。
しかし、初回先頭打者に四球を与え、3番にヒットを打たれるなどして2死2,3塁となったところでワイルドピッチを出して1点を先制される。

貝塚は2回、この回先頭の4番中川がレフトへ2ベースヒットを放って出塁。
5番佐々木が四球を選んで1,2塁とし、ダブルスチールで無死2,3塁とチャンスを広げる。
そして6番白地がセンター前へタイムリーヒットを放ち、走者2人帰って逆転に成功。

3回、岸和田はこの回先頭がヒットで出塁し、エラーで走者を進め、そしてパスボールで2−2の同点にする。

その後両チームこう着状態となり、迎えた7回裏貝塚最後の攻撃。
この回先頭の途中出場の松浦がセンターー前ヒットで出塁し、同じく5回から出場の小坂もレフト前ヒットで続く。
そして1死2,3塁から2番渡邊がレフトへ勝負を決めるヒットを放ち、3−2とサヨナラ勝ちを収める。

大差の続いた試合だけではなく、緊迫した接戦にも勝負強いゲームを見せた頼もしい1年生のゲームだった。


 5/20 オープン戦  対岸和田シニアリーグ2年生         球場:二色グランド
チーム名
貝塚2年 4 8 1 1 0 コールド   14
岸和田2年 0 1 0 0 0         1

小藤・板垣・浜崎−行

 
 
山東・宮本


<3試合目>

この日最後のゲームは2年生同士のゲーム。

貝塚先攻で試合は開始され、いきなり先頭の山東がライト前ヒットで出塁。
2番橋本の送りバントで走者を進め、3番小藤が四球で塁を埋め、4番安陵がライトへタイムリーヒットを放ってまずは1点を先制。
そして2死から6番行もレフト前へタイムリーヒットを放って2点目をあげ、7番巨瀬も四球で続き、8番大松澤がライトへタイムリーを放つなどこの回首尾よく4点を奪う。

貝塚先発の小藤は初回を三者凡退に抑えて、2回表貝塚攻撃。

この回先頭の1番山東がレフト頭上を越える3ベースヒットを放ち、2番橋本が四球を選ぶ。
1死から4番安陵も四球で満塁とし、5番松本の内野ゴロが野戦となり1点を追加。
その後6番行、7番巨瀬も連続四球で2点を追加し、8番大松澤がレフトへタイムリーを放って8点目。
9番田川のバントがエラーを誘って9点目。
そして2死からエラーなどもあり、この回一挙8点をあげ12−0と大きくリードする。

その裏、小藤は先頭の4番に3塁打を打たれ、2死を取った後エラーで1点を返される3回表、貝塚はこの回先頭の4番安陵がレフト前ヒットで出塁し、5番松本がレフトへ2ベースヒットで続いて、尚もワイルドピッチで1点をもらい、13−1とする。

4回にも貝塚はこの回先頭の9番途中から出場の仲が四球で出塁し、進塁打で2死3塁まで進み、またもやワイルドピッチで1点を追加し14−1と試合の趨勢を決める。

貝塚は先発小藤、2番手板垣、3番手浜崎と危なげないピッチングを披露して5回コールド勝ちの大勝を収める。



 5月13日(日) 大阪生野シニアリーグとオープン戦を行いました

 5/13 オープン戦  対大阪生野2年シニアリーグ         球場:二色グランド
チーム名
貝塚2年 0 1 0 0 2 1 0     4
大阪生野2年 0 0 1 1 0 4 ×     6

小藤−行

 
 
山東・福岡・掛川・松本
小藤


13日、二色グランドに大阪生野シニアリーグを招いて全学年による4試合のオープン戦が繰り広げられた。
午前中は薄曇りで風も強かったが、午後からは快晴になったこの日の試合結果は・・・・

<1試合目>
2年生同士によるゲームが貝塚先攻で幕を開けた。
初回、四球で走者を出すが無得点に抑えられ、貝塚先発の板垣も簡単に三者凡退で抑える絶好のスタート。

そして2回、貝塚の攻撃で1死から6番行が四球で出塁。
7番大松澤の当たりがエラーを呼び、盗塁も絡めて8番小藤がセンターへタイムリーヒットを放ち1点を先制。

しかし、3回の守りで1死1塁から3番にセンターオーバーのタイムリーを浴び同点にされるが、 打者が一挙にサードまで狙った走塁を、上手な中継プレーで刺したのは練習の成果。

続く4回にも四球、盗塁で3塁まで進まれ、2死を取ったまでは良かったが平凡の当たりをエラーしてしまい逆転される。

5回貝塚攻撃。
1死から四球の福岡を1塁に置いて、3番掛川がレフト横を破るタイムリー2塁打で同点に追いつき、そして2死から5番松本も左中間を完璧に破るタイムリー2塁打で逆転に成功。

6回にも1死からこの試合3本目のヒットがレフトーオーバーの2塁打となった小藤を、1番山東がレフト前へタイムリーヒットを放って4−2とリードを広げる。
(予断だが、4回から登板の相手投手はかなりの好評価を受けている3年生投手であったので、打った選手は素晴らしい!!)

しかしながらその裏、勝ちを意識したのか4本のヒットと2つのエラーなどで4点を奪われ、4−6と再度ひっくり返され、7回の攻撃も三者凡退でそのまま終了。

貝塚は7本のヒットの内、5本が2塁打と長打力を見せたが、相手の機動力の前にことごとく塁を進められ、それが失点につながった事をよく考え、それを次に生かせて行こう。


 5/13 オープン戦  対大阪生野シニアリーグ1年生         球場:二色グランド
チーム名
大阪生野1年 0 2 0 0 0 コールド   2
貝塚1年 3 6 1 1 ×         11

小坂・鎌田−中川

 
小坂
渡邊


<2試合目>
好調1年生チームが今日も楽しませてくれるのか?
多くの応援の保護者が集まった中、ゲームはスタート。

貝塚先発は小坂。
先頭を四球で出塁させるが後続をピシッと抑えてその裏貝塚の攻撃。

1番田中、2番渡邊が連続四球を選び、3番中野の当たりがエラーが重なりあさっり2点をもらう。
3塁まで進んだ中野を置き、4番中川がライトへ浅いフライをあげる。
そして、好判断を見せた中野がホームへ帰って3点目。

2回、連続四球、連続盗塁で無死2,3塁とされたところでライト前へタイムリーヒットを打たれ2点を返される。

そして、その裏貝塚はこの回先頭の8番浜洲が内野安打で出塁し、9番小坂が左中間を大きく破るタイムリー3ベースを放って1点を追加し4点目。
2死満塁から、5番佐々木がレフトへタイムリーヒットを放って5点目。
そして6番白地もレフト前へタイムリーヒットを放ち、エラーもあって2者帰って7点目。
7番福家が四球を選び、尚も2死満塁とし、打者一巡後の8番浜洲がセンター前へタイムリーを打ち2者帰って9点目をあげる。

先発小坂は3回にも四球を2つ与えるが、盗塁阻止などで難なく抑えて責任を果たす。

一方とどまるところを知らない攻撃陣は、3回裏にもこの回先頭の2番渡邊がライトへ2ベースを放ち、内野安打などで1点を追加し10点目。

4回にも四球、エラー、進塁打で走者を3塁まで進めた後、1番田中がセンター前へタイムリーを放って11点目。

4回からマウンドへ上がった鎌田は2イニングで4つの三振を奪うなど、ピシャリと抑えてなんとも頼もしい、3試合連続のコールド勝ちを収めた。


 5/13 オープン戦  対大阪生野シニアリーグ3年生         球場:二色グランド
チーム名
貝塚3年 0 5 2 2 2 コールド   11
大阪生野3年 0 1 0 0 0         1

竹川(崇)・高居・桝谷
−中村

中村
中村
毛利・中村・福家


<3試合目>
全日本関西大会を目前に控えた両チームの主力によるハイライトのゲーム。

貝塚先攻で始まったが、初回は無得点に抑えられる。
先発は竹川(崇)。
速球、変化球のコントロールが良く、三者凡退に打ち取る立ち上がりを見せる。

2回表、貝塚攻撃。
1死から6番合田がエラーで出塁し、7番福家が四球を選ぶ。
そして8番藪が絶妙のセーフティバントを披露し満塁とチャンスを拡大する。
9番中西の緩いゴロの間に3塁走者合田が判断よくホームへ帰って1点を先制。
そして1番に戻って毛利がセンターを破る2点タイムリー2ベースで3点目を奪う。
尚も、2番森が四球を選び、3番中村がレフト横を破る2点タイムリー2ベースで、
この回一挙5点を奪う猛攻を見せる。

その裏ヒットの走者を置き、2死から強風の影響もあったタイムリー2塁打を打たれ1点を返される。

しかし、3回貝塚攻撃。先頭の竹川(崇)が死球で出塁し、6番合田が送って、7番福家がレフト横へ強烈なタイムリー2ベースヒットを放って6点目。
2死3塁となったところで9番中西もレフトへタイムリーを放って7点目をあげる。

3回裏を2者三振に奪うなど簡単に抑えて、4回貝塚の攻撃を迎える。

1死から3番中村が左中間を破る3塁打で出塁。4番竹川(将)が歩いて1,3塁とし、5番竹川(崇)がレフト横へタイムリーを打ち8点目。
2死となったが7番福家が三遊間を破り9点目をあげる。

4回裏、高居がマウンドへあがるが2死を取ってから突如制球を乱し、3連続四死球で満塁となる。
ここでベンチは急遽桝谷をマウンドへ。
その桝谷が期待に応え、代打を三振に切り取りピンチを防ぐ。

続く5回貝塚攻撃。
この回先頭の9番中西が内野エラーで出塁し、2死を取られた後、この試合好調の3番中村がレフトフェンス超えの完璧なホームランを放つ。
これでこの回も2点を追加し、11−1と大きくリード。

急遽マウンドへ上がった桝谷はその裏も三者凡退で片付け、終わってみれば5回コールド勝ちの完勝を収める。


 5/13 オープン戦  対大阪生野シニアリーグ2年         球場:二色グランド
チーム名
大阪生野2年 1 0 0 0 1 0 0     2
貝塚2年 0 0 3 0 0 0 ×     3

板垣・巨瀬−高山・中川

 
 
 


<4試合目>
この日最後のゲームは2年生の2回目のゲーム。

貝塚先発板垣は初回、先頭にヒットを打たれ2番に送りバントで2塁へ進まれる。
そして3番にセンター前へタイムリーを打たれ1点を先制される。

3回裏貝塚攻撃。
この回先頭の7番板垣が四球で出塁。PBと2塁へ進んだ後、8番中谷が送りバントをきっちり決めて1死3塁と同点のチャンス。
2死を取られたが、1番松浪がしぶとくレフト前へタイムリーヒットを放って同点に追いつく。
そして、2番巽のセカンドへの強烈な当たりがまさかのトンネルで外野までボールは転々とし、俊足を生かした巽が一挙ホームへ帰ってこの回3点をあげて逆転に成功。

板垣は走者を許すがなんとか踏ん張り、初回の1点だけに抑えていたが、5回にエラーで出塁された走者を置いて、2死からタイムリーを打たれて1点を返され、3−2となる。

6回から登板の巨瀬が2イニングを1被安打、2与四球で無得点に抑える好救助を見せ、3−2のまま逃げ切りゲームセット。

打たれたヒットは7本。貝塚のヒットはわずか1本のみ。
しかし、それでもしっかり守ればゲームに勝てるというまさにお手本のような試合だった。

この日は急遽全学年のゲーム4試合を行いましたが、多くの応援の保護者の皆様に足を運んでいただきまして本当にありがとうございました。

全日本の対戦相手も「吹田シニアリーグ」と決まり、このまま好調を維持、持続しながら20日の最後のオープン戦を迎え、そしてまずは初戦突破を合言葉にがんばります。

 

 5月5日(土・祝) 泉大津シニアリーグとオープン戦を行いました

 5/5 オープン戦  対泉大津シニアリーグ         球場:二色グランド
チーム名
貝塚 1 0 0 2 1 5 コールド 9
泉大津 0 1 1 0 0 0       2

桝谷・小藤−中村

竹川(将)
毛利
 


<1試合目>
連休終盤こどもの日の5月5日、二色グランドへ泉大津シニアリーグを招いて3試合のオープン戦が繰り広げられた。
その1試合目は3年生によるゲーム。

貝塚先攻の初回、1番竹川(崇)がセンター前ヒットでまずは出塁。
2番森がきっちり送りバントを決め走者を2塁へ進める。
そして3番中村がレフト前ヒットで1,3塁とし、4番竹川(将)の内野ゴロの間に走者帰ってまずは1点を先制。

貝塚先発は桝谷。
しかし、初回からヒット、四死球で満塁のピンチを作りなんとか切り抜けるが、2回、3回に1点づつ取られ1−2と逆転される。

4回貝塚攻撃で、この回先頭の6番合田が三遊間を破って無死から出塁し、盗塁で2塁へ。
そして7番中西がライト前へタイムリーヒットを放って2−2と同点にし、なおもライトエラーで2塁へ進む。
8番藪が送りバントで3塁へ進めたところでベンチは代打に福家を起用。
福家はレフトへ犠牲フライを上げ、3−2と逆転に成功する。

4回から桝谷に代わって2年生小藤が登板し、小気味いいピッチング見せ迎えた5回貝塚攻撃。

1死から4番竹川(将)がレフトへ自身初のオーバーフェンスのHRを放って4−2とリードを広げる。

6回この回先頭の中西が四球を選び、8番藪が絶妙のセーフティバントを決め無死1,2塁。
9番小藤が送りバントをきっちりと決め2,3塁とし、1番竹川(崇)がセンター前へ2点タイムリーを放って6点目。
盗塁で2塁に進んだところで2番森もライト前へ運び1,3塁。
3番中村がセンターへ犠牲フライを打ち3塁走者帰って7点目。
4番竹川(将)もレフト前で続き、5番毛利が右中間へ2点タイムリー3塁打を放ってこの回5点、合計9点目を奪う。

小藤は3イニングを2被安打、1与四球と見事なピッチングを披露して6回9−2コールド勝ちで完勝する。



 5/5 オープン戦  対泉大津シニアリーグ         球場:二色グランド
チーム名
泉大津2年 0 0 2 0 0 0 コールド 2
貝塚2年 0 0 0 0 5 6       11

板垣−行

大松澤(R)
松本


<2試合目>
2試合目は2年生同士によるゲーム。
貝塚先発は板垣。
1回、2回と連続ダブルプレーで3人ずつで片付けるが、3回に捕まる。
先頭を死球で出塁させ、次打者で自らのエラーもあり走者を溜めたところでタイムリーを打たれ2点を先制される。

一方、攻撃陣は4回終わってノーヒット・・・・・・

だがしかし、5回の攻撃でようやく火がついた。
1死から5番行が左中間を破る2塁打で出塁し、6番大松澤のライナーがセンター前へ。
そのあたりをセンター後逸し大松澤は一挙ホームへ帰るランニングホームランであっさり同点に追いつく。
7番宮本も内野安打で続き、8番板垣もライト前ヒットで1,2塁。
そして代打で松本登場。
豪快に左中間を破る2点タイムリー3塁打で4点目。
1番に戻って山東がセンターへ犠牲フライをあげ5点目。
2番橋本が四球を選び、牽制悪送球で2塁へ進んだ所で3番掛川もライト前へタイムリーを放ってこの回6点をあげる。

そして続く6回にも1死から大松澤が四球を選び、代打古城の当たりが内野エラーを誘い大松澤がホームへ帰って7点目。
板垣が送って走者を進めたところで代打仲もライトへタイムリーを放って8点目。
山東、代打福岡も連続四球。そして3番掛川の右中間のあたりでエラーがエラーを呼び、この回5点を追加したところでコールド勝ち。

先発板垣も丁寧に投げぬき追加点を与えず。
打線が点火したのは遅かったが、終わってみれば11−2で完勝!!



 5/5 オープン戦  対泉大津シニアリーグ         球場:二色グランド
チーム名
泉大津 1 0 0 0 4 0 0     5
貝塚 0 2 0 0 0 0 0     2

高居・巨瀬−中村

 
福家
竹川(崇)・武本・福家


<3試合目>
貝塚先発高居は初回ヒット、四死球で1死満塁され、意表をつくスクイズで1点を先制される。

その裏、貝塚攻撃で先頭の竹川(崇)がライト横へ2塁打で出塁し、2番森の送りバントが内野安打となり無死1、3塁と絶好のチャンス。
しかし、スクイズのミスなどもありまさかの無得点に終わる。

2回裏、貝塚攻撃でこの回先頭の福家がセカンドへ強烈なゴロを放ち、それが大きくイレギュラーし右中間を破って一挙3塁へ進む。
そして7番武本がライトへタイムリー2塁打を放って1点を返し、相手エラーもあって2−1と逆転に成功する。

先発高居は2,3,4回と2つの四死球だけで簡単に押さえ込んでいたが、5回突如として制球を乱し、3つの四球で満塁となったところで相手4番に左中間を大きく破られる3点タイム
リー3塁打を打たれ、続く5番にスクイズを決められてしまい4点を追加され2−5と逆転される。

その裏、2死1塁から6番福家がこの試合3本目のヒットがレフト横を破る2塁打となり2,3塁と攻め立てるが、後続続かず無得点。

しかし、最後まで貝塚は諦めずに、放ったヒットは相手の倍の10本。
確かに10本のヒットで2点だけの得点は拙攻になるのだが、相手豪腕投手の前に気持ちが切れずによく打線は奮起した。
ただ、欲を言えば工夫が足りなかったと思われる。

大型連休中に保護者の皆様の協力本当にありがとうございました。

 

 5月3日(木・祝) 狭山シニアリーグ2年とオープン戦を行いました

 5/3 オープン戦  対狭山シニアリーグ2年生         球場:狭山グランド
チーム名
狭山2年 3 0 1 3 0 5       12
貝塚2年 2 0 1 3 0 0       6

小藤・小阪・板垣・大松澤
−中川・行

 
山東


<1試合目>
この日、午後より1,2年生は富田林にある大阪狭山シニアグランドへ移動して2試合のオープン戦が繰り広げられた。
まず1試合目。

貝塚先発は小藤。
しかし、立ち上がり、四球で先頭を歩かし、送りバントで走者を進められたところで外野の痛いエラー、3連続ヒットなどで3点を先制される。

その裏貝塚攻撃。
1番山東が四球を選び、2死後4番安陵がレフト前ヒットで続き、5番行がレフトへ2点タイムリー2塁打を放って2−3となる。

3回表、2回から登板の1年生小阪が先頭に三遊間を破られ、1死からタイムリー2塁打を打たれ2−4となる。

その裏、2死からラッキーな相手連続エラーで1点をもらい3−4となる。

4回表、この回先頭の8番にヒットを打たれ、送りバントで1死2塁とされ、1番にレフト前ヒットで1,3塁となり、その後WPで1点を献上してしまい、2番を歩かせたところで板垣にバトンタッチ。
しかし、1年生ながら小阪はまずまずのピッチングを披露する。
代わった板垣が連続四死球、犠牲フライなどで2点を追加され3−7とリードを広げられる。

4回裏貝塚攻撃。
2死から8番1年生中川が四球を選び、9番板垣がライト前ヒットで続く。
そして1番に戻って山東がレフトの頭上を破るタイムリー3塁打で5−7となり、3番掛川がライト前ヒットを放って6−7と食らいつく。

5回は共に無得点で、6回から大松澤が登板。
だが、この日は制球が安定せず4つの四死球、そしてエラーもありまさかの5失点で6−12と差を広げられる。

その裏の攻撃も無得点で終わり、時間制限で6回で終了。


 5/3 オープン戦  対狭山シニアリーグ2年生          球場:二色グランド
チーム名
貝塚2年 4 3 0 2           9
狭山2年 0 2 0 0           2

鎌田・巨瀬・浜崎
−中川・高山

 
掛川
山東・福岡


<2試合目>
初回貝塚攻撃。
いきなり3連続四球で無死満塁となり、4番安陵がまずはライト前ヒットで1点を先制。
しかし安陵2塁で惜しくも憤死。
そして続く5番掛川がセンターへ2点タイムリー3塁打を放ち、6番渡邊もレフト前ヒットで掛川帰ってこの回4点をあげる。

続く2回の攻撃も1死から1番松浪がエラーで出塁し、2番田川が内野安打で続き、3番山東がライトへタイムリー2塁打を打ち5点目。
続く4番安陵もセンター前へ運び6点目。5番掛川もライト前へタイムリーを放ってこの回も3点を追加し7−0と大きくリードする。

貝塚先発の1年生鎌田は1イニングを四球1つの無失点で、2回から巨瀬につなぐがその巨瀬が3つの四死球、タイムリーヒットなどで2点を返される。

貝塚は4回にもこの回先頭の代わった深町が四球で出塁し、同じく代わった中谷がレフトへタイムリー2塁打を放ち8点目。
そして進塁打で3塁まで進んだ中谷がWPでホームを踏んで9点目をあげる。

3回から登板の浜崎が2本のヒット、3つの四球を与えるが要所をきちんと締め2イニングを無失点に抑え、 日没の為に4回9−2でゲームセット。

この日は総勢50人以上の移動の為に多くの保護者の皆様の協力に本当に感謝いたします。



Copyright(C) 2004-2007 貝塚シニア・リトルリーグ野球協会 All Rights Reserved