7月29日(土) 有田記念大会が行われました  

 7/29  有田記念大会            対 兵庫三木リーグ    球場:有田市営球場
 
兵庫三木 0 0 1 0 1 0 2     4
貝塚 0 0 0 0 0 0 1     1
古城−橋本
 
橋本
 

梅雨明けの真夏の灼熱の太陽の下、 3年生にとって、本当に最後の大会が和歌山県有田市で有田記念大会が29日に行われた。

スターティングメンバーは8人の3年生全員に2年生からレフトで竹川大将が出場。

1回表、兵庫三木の攻撃では先発古城が2番を四球で歩かし、3番に右中間を破られる2ベースヒットを打たれ、1アウト2,3塁のピンチを作るが、続く4番をピッチャーゴロに打ち取り、3塁走者をホームでタッチアウトにしピンチを凌ぐ。

貝塚攻撃で先頭バッターの藪垣がいきなりライト前ヒットで出塁し、2番片山がきっちり送りバントの仕事をやり、3番古城に期待を託すいつものパターンであったが、なんと予想外の見逃し三振。

4番橋本がタイミングが合わずに苦戦していると見られ、ベンチは2塁走者藪垣に3塁盗塁のサインを送るが惜しくもタッチアウト。

2回表の相手攻撃は簡単に抑え、続く3回兵庫三木の攻撃。

先頭打者に2ベースヒットを許し、そしてキャッチャー橋本が牽制でアウトを狙うがボールが大きくそれてセンターまで行く間に走者3塁へ進む。

そしてその3塁走者をワイルドピッチでホームに迎い入れるといういやな展開で先制点をみすみす献上する。

また5回兵庫三木の攻撃でも2アウト2塁の走者をレフト前の浅い小飛球をレフト竹川大将がグローブに当てるも
落球し、痛い2点目を与える。

この場合、2アウトと言うアウトカウントを考えると、やはりダイビングキャッチを強行し捕って欲しかったが・・・・・・

そして迎えた7回表、最後の守りで1アウト1,2塁のピンチにセンター前ヒットを打たれ、センターが後逸する間に
2人の走者が一挙還り大きな大きな追加点を与え4−0とリードを許す。

一方ここまで貝塚攻撃は散発の3安打に抑え込まれ、しかも5番以下が大ブレーキ。
何とか最後の意地を見せたい貝塚は最終回先頭の4番橋本がレフトオーバーの3ベースヒット放ちようやくベンチに
活気が見られてきた。

そしてワイルドピッチで橋本還り1点を返す。

1アウトから7番西がレフトエラーで出塁し、8番浜崎もここまでいいところが無かったが、意地を見せレフト前ヒットでチャンスを広げる。

2アウトと追い込まれた時点で新チームのキャプテン中村が代打で登場。

期待を一身に集めたが、心の準備が出来ておらず無念のショートゴロでゲームセット。

中村が見せた最後のヘッドスライディングが今後に繋がる光明と思えるであろう・・・・・・

このゲームで3年生にとってはシニアの野球が終了した。
全員悔いを残さずに思い切りバットを振りに行ったことが11ヶの三振と言う結果になったと思う。

当てに行くことをせずに今までの成果を見せるために彼らは思い切りバットを振った。
ゲームは完敗であったが彼らの気持ちはすっきりしただろう。

今まで本当にご苦労様でした。
これからの君達の活躍を楽しみにしています。

最後に、3年生の保護者の皆様。
この1年間ありがとうございました。
毎回の練習のお手伝い、そして遠征のときの車の運転、アナウンスなど様々な皆様の協力の下に彼らが大きな怪我もなくここまでやってこれたことに感謝をいたします。

さあ、次からは新チームのスタートです。
気持ちを一新してとりかかろう!!



Copyright(C) 2004-2006 貝塚シニア・リトルリーグ野球協会 All Rights Reserved