4月22日(日) 富田林リーグとオープン戦を行いました

 4/22 オープン戦  対富田林リーグ 1試合目          球場:二色グランド
チーム名
貝塚2年 0 0 0 0 0 2 3     5
富田林2年 0 0 0 0 0 0 0     0

桝谷−堀口

 
 
竹川大将

22日(土曜日)強豪富田林シニアリーグ1,2年生を招いてオープン戦が行われた。

まず1試合目は2年生同士の対決
1,2回とランナーを溜めながらもあと1本が出ずに残塁の山を築くものの、先発桝谷の我慢強いピッチングでお互い中盤までは無失点が続くが試合が動いたのは6回の貝塚の攻撃。

相手2番手ピッチャーの制球が突如崩れ四つの四死球とヒットでラッキーな2点をもらう。

続く7回の攻撃で2アウトランナー2塁から6番竹川(大将)の会心のレフトオーバータイムリー2塁打で追加点を奪い、続く7番堀口のライト前ヒットでランナー好走塁で還り、その後も四球、ヒット、四球でさらに1点を追加。

先発桝谷は7安打を打たれるが6奪三振と要所を締め、またバックもリズム良く守りきり5−0の完封勝ちを収めた。

相手主力が来ていない事もあるが、ここは素直に喜ぼう。 ナイスゲーム!


 4/22 オープン戦  対富田林リーグ 2試合目          球場:二色グランド
チーム名
富田林1年 0 0 0 0 0 0 0     0
貝塚1年 1 0 0 0 0 0 ×     1

小藤・大浦−仲

 
 
期待の1年生チームの初めてのオープン戦が引き続き行われた。

初回、貝塚の攻撃で相手からもらった4つの四球で先制点をもらい、その後両チームのピッチャーの好投で緊迫した内容のゲーム。

貝塚先発の小藤が富田林打線を5回内野安打1本、2四球に押さえ、2番手大浦も2つの四球を出しながらもノーヒットに迎え堂々たる完封リレーで初勝利を収めた。

一方打線の方は2安打とお寒い内容であったがまずは初勝利おめでとう!



 4/22 オープン戦  対富田林リーグ 3試合目          球場:二色グランド
チーム名
富田林2年 0 0 0 2 1 1 0     4
貝塚2年 0 0 0 1 0 1 0     2

大松澤・浜崎−中村

 
武本
 

この日最後の試合は2年生の2試合目。

貝塚先発は期待の1年生ピッチャー大松澤。
4回を被安打3本、2与四球と好投を見せるものの、2年生守備陣が3つのエラーで足を引っ張り2点を献上。

5回から登板のこれまた期待の浜崎も3イニングを被安打2本、3与四球と踏ん張ったが、同じく守備陣が3つのエラーで同様に2点を与えた。

打線の方は2点を返すの精一杯で2−4で惜敗。

本来であれば1年生ピッチャーを助けないといけないのだが、足を引っ張ってはいけない。

しかし、1年生両ピッチャーの今後のますますの期待が大きくなった試合だった。




 4月9日(日) 西宮リーグとオープン戦を行いました

 4/9 オープン戦  対西宮リーグ 1試合目          球場:二色グランド
チーム名
西 宮 0 1 0 2 0 0 0     3
貝 塚 0 2 0 0 0 0 2x     4

岩下−橋本

 
 
藪垣

桜が満開のまさに春爛漫の中、西宮シニアさんを招いて3試合のオープン戦が開催されました。

1試合目の挨拶、そして熱投の岩下。打順を入れ替えて望んだ第1試合目。

先発岩下が2回いつものエラー絡みで1点を許すものの、すぐさまその裏バントなどで相手エラーを誘い同点。そして9番森の犠牲フライで逆転する。
4回に連打と送球エラーなどで逆転を許すが岩下がなんとか最小失点のまま押さえ、最終回の攻撃に望みをたくす。
勝ちを焦ったのか、相手3番手投手が2アウトから3連続の四球を与え、迎えたバッターは5番2年生の中村。
勝負強さを発揮し、レフトへ大きなフライ。相手が捕れずにサヨナラの殊勲打を上げた。

記録に現れないエラーなども多々あったが緊張感のあったナイスゲーム!



 4/9 オープン戦  対西宮リーグ 2試合目          球場:二色グランド
チーム名
西宮2年生 0 4 1 0 0 0 3     8
貝塚2年生 0 0 0 0 0 1 3     4

合田・桝谷−堀口

竹川(崇)
 
 

続いて行われた2年生同士の2試合目。

先発ピッチャーの乱調で2回に4つの四球、ワイルドピッチなどで4点を謙譲し自滅。
急遽3回から登板の桝谷であったが立ち上がりは肩が出来ていないこともあり追加点を許す。
しかし、4回からはいつもの緩急を使ったピッチングで相手打線を翻弄。一方打線は5回にようやく8番藪がチーム初ヒットで出塁し、1番森もヒットで続き2人ランナーをためるが、2番武本の強烈なピッチャーライナーを好捕され、不運なゲッツーで無得点。
6回の攻撃で3番竹川(崇)がヒットで出塁し、後続倒れるものの6番竹川(将)のライト前ヒットで
ようやく1点を返し反撃体制に映る。
だが、迎えた7回それまで3イニング完璧に抑えていた桝谷に疲れが見え出し、単打を重ねられまさかの3点を奪われる。
最終回の攻撃2アウト1,2塁から竹川(崇)のセンターオーバーの俊足を生かしたランニングホームランで3点を返すものの反撃はそこで終わり。

確かにストライクゾーンがあまりにも広くて錯乱状態であったと思われるが、それをも克服した結果を残せてほしい。



 4/9 オープン戦  対西宮リーグ 3試合目          球場:二色グランド
チーム名
西 宮 0 0 1 0 3 0 0     4
貝 塚 0 0 1 0 1 0 3x     5

古城−橋本

 
橋本(2)
高山

引き続き行われた3試合目。

2回に1点を先制されるが、その裏すかさず4番主砲橋本の3塁打で同点。
5回に3点を奪われ逆転されるものの、その裏に5番高山の2塁打で1点を返し食い下がる。
迎えた7回裏、2点を追う最終回の攻撃で先頭の2番藪垣、3番古城が連続四球を選び、迎えたバッターはやはり頼りになる4番橋本。
外角低めを完璧に(最高の当たり、と本人談)はじき返し弾丸ライナーでセンターオーバーの同点3塁打。
尚、ノーアウト3塁で高山がライトへ大きなフライ。
完全な犠牲フライの当たりを相手がまさかの「ポロリ」、、、
結果的にエラーでサヨナラを勝ち取ったが、内容的には満足できるものであった。
先発古城が8安打を許すものの、要所を締め、そしてバックもエラーひとつで盛り立てたナイスゲームだった。

バッテリー切れのために画像が撮れなかったことをこの場を借りて謝ります。
せっかくのいい試合であったにもかかわらず申し訳ありません。




 4月2日(日) 大阪生野リーグとオープン戦を行いました


 4/2 オープン戦  対大阪生野リーグ 1試合目          球場:二色グランド
チーム名
大阪生野 1 1 0 0 0 0 0     2
貝 塚 0 0 1 0 0 3 ×     4

古城−橋本

 
 
 

先制点、追加点を許すものの、終盤の連打で逆転した見事な展開。 古城も打たれながらも踏ん張り、またバックもエラーひとつとしまった内容であった。

 4/2 オープン戦  対大阪生野リーグ 2試合目           球場:二色グランド
チーム名
大阪生野 0 0 0 0 0 0 0     0
貝 塚 1 2 0 1 1 0 ×     5

高居・合田−堀口

 
 
合田・森・堀口

先発高居が4回を被安打2、四死球3つでまとめ、5回登板の合田も見違えるピッチングで完封リレー。 打線は6安打、と四死球6つと塁上をにぎわしたが、もう少し得点を取らないといけないだろう。

 4/2 オープン戦  対大阪生野リーグ 3試合目           球場:二色グランド
チーム名
大阪生野 2 0 0 0            
貝 塚 0 1 0 0            

桝谷−橋本

 
 
高山・山本

先発桝谷が初回立ち上がりを攻められ2点を先制されるものの、その後2死満塁を凌いでからは本来の緩急をつかったピッチングで相手打線を抑える。一方打線は後半強烈な降雨になり、5回表あいて攻撃中で雨天コールドゲーム



 4月1日(土) 熊本中央リーグとオープン戦を行いました


 4/1 オープン戦  対熊本中央リーグ           球場:二色グランド
チーム名
熊本中央 0 0 0 0 2 3 0     5
貝 塚 2 0 1 0 1 0 1     5

古城−橋本

 
藪垣・古城
橋本

熊本中央シニアとの始めての対戦であったが、相手は長旅の疲れからか動きが鈍く、初回に藪垣、古城の連続3ベースヒットなどで先制。その後も有利な展開で進んだが、終盤捕まり逆転を許す。しかし、最終回2死から相手連続エラーでなんとか同点に追いつきまずまずの内容のまま引き分けで終了。


Copyright(C) 2004-2006 貝塚シニア・リトルリーグ野球協会 All Rights Reserved